9:30~18:00
毎週水曜日
2020年05月15日
不動産・税金お役立ち情報

【権利証とは?】登記済権利証・登記識別情報

不動産を売却するときの必要書類に、「権利証」があります。

不動産を購入した時に「大切なものですから失くさないようにしてください。」と渡され、その後使う機会はほとんどありません。

そのため、家のどこかへしまい忘れてしまっていることもあります。

不動産の権利証とは、その土地や建物が自分のものという証です。

その権利証には『登記済権利証』や『登記識別情報』という呼び名のものがあります。

登記済権利証

平成17年3月の法改正により、不動産登記の事務手続きがオンライン化されました。

それ以前は、登記完了後、登記申請書の写し(副本)に登記官が『登記済』と押印した書類が登記名義人に返還されていました。

司法書士に登記を依頼した場合、登記申請書の写し(副本)に厚紙の表紙を付けて、表面に『登記済権利証』や『登記済証書』と書類の中身が分かるように記してあります。

登記識別情報

平成17年3月の法改正以降は、登記完了後、『登記識別情報通知』という書類が発行されます。

『登記識別情報通知』には緑色の目隠しシールが貼ってあります。このシールは一度剥がすと再度貼ることができないようになっています。

目隠しシールの下には、12桁の英数字が書かれています。

この12桁の英数字の組み合わせは暗証番号のようなもので、他人に知られないためにもシールは剥がさず保管することをおすすめします。

この記事を書いた人
長谷川 拓海 ハセガワ タクミ
長谷川 拓海
妻と双子の娘、妻のお母さんと5人で暮らしています。6年前に家を建てたのをきっかけに、休みの日は料理をするようになりました。はじめは妻に教えてもらい、今はスマホに教えてもらい料理の腕を磨いています。 現在の会社に入社して今年で15年になります。不動産売買を中心に新築住宅・リフォーム・生命保険を担当しました。それぞれの分野の勉強があらゆるところで役に立っています。お客様と一緒に笑い、喜び、そして時には涙する人間でありたいと思います。
arrow_upward