9:30~18:00
毎週水曜日
2020年03月13日
不動産・税金お役立ち情報

固定資産税と宇都宮市の都市計画税

固定資産税は、毎年1月1日現在で土地・家屋・償却資産を所有している人に課税される税金です。固定資産を評価し、課税標準額という税額計算のもとになる額を算出。

固定資産税額=課税標準額×税率1.4%

 

都市計画税は都市計画のうち市街化区域内にある土地・家屋に課税される税金です。

都市計画道路、公園、下水道など施設の整備などに要する費用の一部を負担しています。

都市計画税額=課税標準額×税率0.25%(宇都宮市)

固定資産税の種類

〇土地 : 宅地・田・畑・山林・雑種地など

〇家屋 : 居宅・店舗・事務所・工場・倉庫・物置など

〇償却資産:事業用の構築物・機械・車両・器具など

固定資産の免税点

同一人が所有する土地・家屋・償却資産のそれぞれの課税標準額の合計が、下記の金額に満たない場合には固定資産税は課税されません。

●土地 30万円

●家屋 20万円

●償却資産 150万円

都市計画税の税率

都市計画税の税率は、0.3%を上限として、各市町村の条例で定めることになっています。宇都宮市では平成3年度より都市計画税の税率を0.25%に定めています。

この記事を書いた人
長谷川 拓海 ハセガワ タクミ
長谷川 拓海
妻と双子の娘、妻のお母さんと5人で暮らしています。6年前に家を建てたのをきっかけに、休みの日は料理をするようになりました。はじめは妻に教えてもらい、今はスマホに教えてもらい料理の腕を磨いています。 現在の会社に入社して今年で15年になります。不動産売買を中心に新築住宅・リフォーム・生命保険を担当しました。それぞれの分野の勉強があらゆるところで役に立っています。お客様と一緒に笑い、喜び、そして時には涙する人間でありたいと思います。
arrow_upward