9:30~18:00
毎週水曜日
2020年03月05日
ブログ

蓄財の仏様 宇都宮市南大通り善願寺「大豆三粒の金仏」 

当社で売却の依頼を受けたマンションの裏手に大仏様を見つけました。

宇都宮市南大通りにある善願寺。

昔、旅の僧が「これを増やして資金を」と大豆三粒を寄進。その10年後に仏像をつくることができたということで、蓄財の仏様としてお参りされているそうです。

大豆三粒の金仏

大仏をつくる資金不足に困っていたときに、旅の僧侶が大豆三粒を取り出し「これを境内にまいて、実った大豆を多くの人に分けて増やしていけば、やがて資金がえられるだろう。」大豆三粒を寄進し、その10年後に大仏をつくることができた。

この記事を書いた人
長谷川 拓海 ハセガワ タクミ
長谷川 拓海
妻と双子の娘、妻のお母さんと5人で暮らしています。6年前に家を建てたのをきっかけに、休みの日は料理をするようになりました。はじめは妻に教えてもらい、今はスマホに教えてもらい料理の腕を磨いています。 現在の会社に入社して今年で15年になります。不動産売買を中心に新築住宅・リフォーム・生命保険を担当しました。それぞれの分野の勉強があらゆるところで役に立っています。お客様と一緒に笑い、喜び、そして時には涙する人間でありたいと思います。
arrow_upward