9:30~18:00
毎週水曜日
2020年10月07日
ブログ

宇都宮「赤門通り」の由来をちゃんと調べてみました☆

なんとな~く。。。

赤い門があるから「赤門通り」、とは知ってましたよ('_')

ではその赤門の由来は?と聞かれると知りません(笑)。なので宇都宮人であるM子、折角なのでこの機会にちょっと調べてみました☆

【宇都宮市 赤門通り】

安永7年(1778年)、枝源五郎氏が宇都宮城下の人々から集めた寄付で慈光寺に山門(仁王門)を造られたそうです。

(※仁王門...寺院を守護する金剛力士を安置した寺院の門)

寄付を集めるのに3年もかかったそうですよ!よくぞ頑張ってくれたもんです(*^^*)

そんな山門は赤く塗られていたので「赤門」と呼ぶようになり、これが「赤門通り」の由来となったそうです。なぜ「赤」だったのかは謎ですが。。。

しかし、昭和20年(1945年)宇都宮大空襲(第二次世界大戦)により、赤門は焼失!

その後、長~い月日を経て平成20年(2008年)見事に復興したそうです。

慈光寺の彼岸桜は有名です。樹齢150年、樹高約20mの桜の力強さと赤門とのコラボは見事なもんです...( *´艸`)

宇都宮で一番早く咲く桜としても有名だそうです(´▽`)

ここの桜、通りから見てもとっても綺麗ですもんね♪

ちなみに、枝源五郎さん。他にも二荒山神社の手水鉢も奉納してるそうですよ(^^)

さて、宇都宮の何気ない小さな疑問。

まだまだありますよね♪

これからも機会を見て調べていこうと思いますφ(..)メモメモ

どうぞみなさん、お付き合いください♪

arrow_upward