9:30~18:00
毎週水曜日
2022年01月02日
ブログ

正月だ!おせちだ!美味しいものがいっぱいだヾ(≧▽≦)ノ☆定番おせちに込められた意味、ちゃんとご存知?

お正月と言えば「おせち」でしょう☆

あなたのすきなおせち料理、何ですか?・
M子は...伊達巻、かまぼこ、かずのこ...まぁ子供が好きな食べ物ばかりです笑

そんなおせち料理にも意味があるのはご存知の方、多いはず。
それならば、その食材に込められた意味や願いを軽くお教えいたしましょう☆

おせちの意味・由来

お正月に食べられている「おせち」

もともと暦上の節句を指し、季節の変わり目に祝い事を行う「節(せち)」の日に食べる料理だったそうですよ。

平安時代。
朝廷では、正月など5つの季節の変わり目ごとに「五節絵(ごせちえ)」を開催。
簡単に言うと「宴」ですね。

そのおめでたい日に特別な料理を用意していたそうです。
それが江戸時代に庶民に広まり、現在の正月に食べる料理を「おせち」って呼ぶようになったですって( ゚Д゚)ヘー

おせちを食べる理由

“おせちは神様をおもてなしするため”はもちろん。
おせちを食べる理由は他にもあるそうですよ(・∀・)

●神様にお供えするものを一緒に食べて御利益に与る
●元旦、神様を迎える際にせわしくしない
●台所を使わない

なるほどねぇ~(∩´∀`)∩
まぁ前もって作って置けるもの多いし、準備さえしちゃえば後は楽ですもんね♪

おせちの具材、何があるんだっけ(゚∀゚)??

さぁさぁ、いよいよ本題だ!!

おせちに入ってる食材、意味はいくつ言える!?
全部言える方なんて、お料理される方くらいだと思います。

めでたさを重ねるという意味合いで重箱に入れられる食材。
一つ一つ意味があり、入れる場所も決まってるんです☆

おせちの定番食材☆

おせち料理。
「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「煮しめ(煮物)」

以上の5種類に分けられてるんです!
では代表メンバーをご紹介しましょうヾ(≧▽≦)ノ

 祝い肴            
祝いの場で酒の肴として用意されるものです。
「祝い肴三種」として
◆関東=「数の子」「黒豆」「田作り」
◆関西=「数の子」「黒豆」「たたきごぼう」
が一般的なようです。

  黒豆          
「まめに働けるように」「元気で働けるように」といった健康や精励を意味。黒色は邪気を払う色でもあり、黒く日に焼けるまで朗らかに働くという意味もあり。
  数の子         
多くの卵が並んでいる様子から「子だくさん」「子孫繁栄」を意味。「ニシン=二親」にかけられていて、両親の健康や長寿も祈願
  田作り(ごまめ)    
カタクチイワシの稚魚。豊作を祈願。尾頭付きということも縁起がよい品といわれている。
  たたきごぼう      
「家族や家業が地に根付いて繁栄する」という意味。

 口取り            
「口取り肴」の略称で、酒の肴を意味。見た目や色が華やかで甘みのあるものが多い。お祝い事では最初に提供される。

  かまぼこ        
半月の形が元旦の「初日の出」のようだとされ、新年の祝いにうってつけの料理。紅白の紅は「慶び」「魔除け」、白は「神聖」「清浄」を表す。
  伊達巻         
学業成就の意味。発祥とされる長崎県では、「カステラかまぼこ」と呼ばれている。見た目が「伊達もの」の着物のようだということから、伊達巻と名付けられた。
  栗きんとん       
金運上昇の願いが込められている。栗は山の幸を代表し「勝ち栗」と呼ばれ、豊かさを表す食べ物。
  昆布巻き        
不老長寿子孫繁栄の願いが込められている。「よろこぶ」「子生」と縁起の良い字が当てられ、別の呼び方で「広布(ひろめ)」と呼ばれ、結婚式の「お披露目」はこの呼び方からきているといわれている。
  錦卵(錦玉子)     
金運上昇の願いが込められている。黄身は「金」、白身は「銀」。と、その2色で鮮やかな模様を作る絹織物(錦)を表し、。また、「2色」と「錦」の言葉がかけられています。

 焼き物            

  鯛(タイ)       
恵比寿様が持っている魚ということから七福神信仰とも繋がっており、「めでたい」と縁起の良い魚。赤色で姿形も美しいことから、祝い事に使われているす。
  鰤(ブリ)       
「出世魚」とされ、成長とともに名前が変化する魚です。立身出世を願う人にとっては1年の初めに食べると良いと考えられている。
  海老(エビ)      
海老は、長い髭や腰が曲がっている様子から「腰が曲がるほど長生きをする」という長寿祈願。目が出ている様子が「めでたい」、脱皮を繰り返すことが「生まれ変わり」を表している。
  蛤(ハマグリ)     
ひな祭りでも定番として食べられる蛤は、貝同士がぴったりくっつくものは一つしかないことから、良縁を表す。

 酢の物            

  紅白なます       
紅白なますは人参と大根。両方根菜であることから、「根を張るように」という願い。
  酢れんこん(酢蓮)   
れんこんは穴が空いており先を見通せることから、新年の初めに食べることで見通しの良い未来という願いが込められている。
  菊花かぶ        
紅く染め紅白を表すこともあり、祝い事に使われる菊の花から、めでたさ繁栄健康を表す。

 煮しめ(煮物)        

  筑前煮         
一つの鍋でたくさんの具材を一緒に煮込むことから、家族が仲良く暮らすことを表す。
  手綱こんにゃく     
手綱を締めることで心を引き締めるという意味があり、結び目は良縁夫婦円満を表す。
  くわい         
突き出た芽から「芽出たい(めでたい)」と縁起の良いことを表す。立身出世の願いが込められている。角形や八角形にすることで万年生きるとされる亀を表し、長寿も祈願。
  里芋          
種芋から多くの子芋、多くの孫芋が付くことから、子孫繁栄の意味が込められており、丸い形は家族円満を表す。
  たけのこ        
立身出世の願いが込められている。また、すくすくと成長する様子から「幸運を伸ばす」という意味もある。

・・・一の重に入れるもの

一の重は栗きんとんのように甘めの口取りと酒のつまみになるような祝い肴を入れます。

・・・二の重に入れるもの

二の重は縁起を担いで海の幸と焼き物を入れ、さらに、酢の物や和え物を入れます。

・・・三の重に入れるもの

三の重は山の幸を多く用いた煮物を入れます。

以上のように、おせちにも色々あります(∩´∀`)∩
五段重なんて、M子見た事ないですけどね笑

まぁ、折角のお正月☆
美味しいものをたくさん食べて太っちゃいましょう♪
その後のおからだはご自身で引き締めてください(・∀・)笑

arrow_upward