9:30~18:00
毎週水曜日
2020年10月26日
ブログ

【へび背】こちら、とても恐るべし日々の始まりとなります(-"-)

昨日は「ぎっくり腰」について語らせて頂きましたM子です。

今日は「へび背」について熱く語ります!

聞いた事ありますか?正式には「側湾症」といいます。

脊柱が側方へ弯曲(10度以上)した状態の事(-"-)なんです。

腰痛や肩こり、重症化すると歩くこともままならない恐ろしい病気なんです( ノД`)シクシク…

そんな「ヘビ背」を少しお教え致しましょう!!

はいっ、ドーン!!!

こちらをご覧ください☆

側弯と言っても大きく分けて2種類ございます。

●先天性側弯症

  ⇒ 生まれつき背骨が曲がってしまうもの

●病原性側湾症(症候性側湾症)

  ⇒ 他の病気や姿勢に伴って曲がってしまうもの

●機能性側弯症

  ⇒生活習慣の悪さが主な原因ですね...

普段の姿勢や生活習慣によるもの、脚長差や股関節疾患などによる骨盤傾斜など、何らかの原因によって一時的に生じた側弯の状態の事なんです(。-∀-)

体の一部分の負担が大きくなり、肩や骨盤の位置がズレて左右差ができます。

●まずは診断☆

お医者様はまず『レントゲン』 で側弯しているかどうかを調べます☆

子供の場合、前かがみの姿勢をとらせて後ろから脊柱を観察します。

その角度により、診療内容が変わるんです♪

 

【家庭でできる簡単チェック】

①目を閉じた状態でヒジを腰に固定

②小さく前へならえ!!

③さぁ、目を開けて☆

④左右の手のひらの高低差はいかがですか?

 3cm以上あったら 「ヘビ背」 の可能性アリです☆

-------------------------------------------------------------

●恐るべしその症状とは

これ...様々な悪影響を及ぼすんですよ(。-∀-)

まず、背中(右側)だけ痛くなり、

そして筋肉が硬くなって、異常な緊張を感じます。

その筋肉が、背骨付近の動脈を圧迫し、循環障害。

脳への血流不足から物忘れ、ストレス性睡眠障害。

全身の血液循環の悪化で、内臓疾患。

体全体が歪み、通常は接触しない神経同士が接触!

すると、痛みやしびれを感じ、症状が進むと歩行が困難になるんです(´-ω-`)

-------------------------------------------------------------

●じゃ、その原因て何よ...

原因は意外と身近にございます(。-`ω-)

大きな要因の1つに「ハイヒール」が上げられます。

・ハイヒールをよく履く
・脚を組む
・横座りをする
・肘をついて横になる
・カバンを同じ方で持つ

などなど。

軟骨に曲がり癖がついたままになり、背骨がS字状で固定され発症します。

-------------------------------------------------------------

●猫ストレーーーーッチ(・∀・)☆

■猫ストレッチ =^._.^= ∫ ニャン

ヘビ背の原因になる習慣のある方、背中に慢性的な緊張を感じている方に是非とも試していただきたい(`・ω・´)☆

+++++++++++++++++++++++++++++

◆朝晩、5セット目標です('◇')ゞ

 ①四つん這いになり、手足を肩幅に開く。

 ②息を吐きながら、背中をゆっくり上げる。

  背中をつまみ上げられるかのように...

 ③上げきったら、息を吐きながら元の状態に戻す。

+++++++++++++++++++++++++++++

これだけ(゜_゜)

この動作で、背中周りの筋肉がほぐれます。

そして、歪みが矯正されていきます。°✧˖°。..

-------------------------------------------------------------

背骨の歪みが酷くなると、内臓まで圧迫され胃腸障害も引き起こすんです(´・ω・)

呼吸に必要な筋肉が圧迫されると、基礎代謝量が低下し、脂肪が燃えにくくもなるそうです...

腰痛が酷い方、「側弯症」でなくとも自分の将来の為に医師などに相談してみてくださいね☆

arrow_upward