9:30~18:00
毎週水曜日
2020年10月25日
ブログ

【ぎっくり腰】恐るべき日々の始まり。なりたくないので気を付けたいものです...

ぎっくり腰は皆さん、ご存知とは思いますがきちんと理解できてますか?

今や若い人にもたくさんいらっしゃいます(。-`ω-)

対処法など学んで、自分や周囲の方がなった際にきちんと理解してあげてください!

■■■ ぎっくり腰 ■■■

正式名は「急性腰痛症」又は「腰椎捻挫症」。

ふとした瞬間に奴はやって来ます。

急激な激しい腰痛から、欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれてるんだそうです...

急な動き、くしゃみや咳、腰に激しい痛みが出現し動けなくなります。
体重の増加、筋肉疲労(疲れ)、筋力低下、姿勢不良なども充分に考えられますよ(`・ω・´)!

ちなみに!!

勝手に「ぎっくり腰」と判断するのはNGですからね(゚◇゚)"b" チッチッチ

ドクターにきちんとご相談くださいね☆

●恐るべき症状とは

はい、ご存知の通り「腰痛」です(。-∀-)

痛みのレベルには個人差がありますけどね♪

じんじん痛、ピリっ!と痛、筋肉ツッパリ痛など、まぁどれもこれも動くのが至難の技です。

●そもそも原因はあるの?

重い荷物、無理な姿勢、腰をひねるなど、瞬間的に腰部にかかる負担が大きい場合に顔を出します。。。

他にもスポーツ時、腰部疲労、立ち仕事などなど。

ハッキリとしたことは未知です☆

病気痛をぎっくり腰と思い整体院などで施術を受ける...

これ、悪化しますからね(`・ω・´)☆

まずは整形外科のドクターに診てもらってください!

●回復するんでしょうけど...

1~2週間程度かかります☆

中には「椎間板ヘルニア」などの病気が隠れている場合もありますので、要注意ざんす(/ω\)

●ぎっくりちゃんの治療とは?

まず...無理な動きはお預けしましょう(^^)

対処療法として鎮痛薬、炎症を抑える湿布を併用。

骨格の歪みがみられた場合は、症状が落ち着いてから整体などで歪みの矯正を行ってくださいね☆

以下は、よくある疑問に思うこと集です(・∀・)☆

----------------------------------------------

■ぎっくりの最中に体操やストレッチは...

実は、発症時に行ってもあまり効果ないんですって(゚Д゚;)

但し、症状が落ち着いたら日々、行ってみてください☆

それは効果テキメンらしいです(*^^*)

----------------------------------------------

■安静にした方が良い?

できるだけ安静にしない方が早く治るそうです。

たくさんある研究の結果、

① ぎっくり腰になった時に安静にしていたチーム

② できるだけ普段通りの生活をしていたチーム

上記を比べると、②の方が早期回復が多かったそう...

----------------------------------------------

■ぎっくり腰を予防するには?

日頃から動作、姿勢に気を付けたり、十分な筋力や柔軟性を保つことが重要なんじゃないでしょかね('_')?

腹筋や背筋を十分に鍛えましょう!

股関節を柔らかくし、腰の負担を分散させてください!

----------------------------------------------

■お風呂は入ってもOK?

結論。入ってください(・∀・)

「湯治」という言葉の通り、様々な身体の不調を改善してくれます。

 

と、言ったように...

ぎっくり腰の方には申し訳ないですが...

なりたくないです!!

なった事ある方も、なった事ない方も、お互い日々の生活に気を付けながらお過ごしくださいね(´∀`*)

arrow_upward