9:30~18:00
毎週水曜日
2020年12月27日
ブログ

【初夢】一富士二鷹三茄子…知ってる、知ってる('Д')聞いたことだけある。

初夢…ね(・∀・)ハイ

「初」だから、あれでしょ?

大晦日に寝て、元旦の朝に見た夢でしょ☆

 

・・・・・ブーッ‼('◇')

元日の夜から1月2日の朝にかけて見た夢の事でーす☆

新しい年を迎えて、最初に眠った日の夜に見た夢の事だそうですよ♪

 

さてさて。

では、よく耳にする「一富士二鷹三茄子」

いちふじ~、にたか~、さんなすび~(∩´∀`)∩

って、なんぞや?

知らない人もいるはず!!

若者は知らない人多いはず!!

そんな方の為に(自分の為ね)M子ちゃんがしっかりとお調べ致します☆

更に...その続きもあるらしいのでお教え致しやしょう!

実は⑥まであります(゚Д゚;)シランカッタ

なぜに「一富士二鷹三茄子」?

説としては、

「徳川家康が、富士山・鷹狩り・初物の茄子を好んだ」とか

「富士=無事、鷹=高い、茄子=事を成す」

という縁起の良い言葉に引っかけてるらしいです☆

でも他にも色々と説はあるらしいですよ。

 

そして…続きはコチラッ☆

「四扇、五煙草、六座頭」

扇、煙草は縁起物とされていました。

六座頭とは、髪を剃った盲人のことで「毛が無い=怪我ない」と、家内安全を願うものとされていたそうです(´▽`)

では、それぞれの意味をまとめてみましょうヾ(≧▽≦)ノ

●一富士……子孫、商売繁盛

●二鷹………運気上昇

●三茄子……怪我ない

●四煙………子孫、商売繁盛

●五煙草……運気上昇

●六座頭……怪我ない

 

 

全く違う意味もあるらしく…(;´∀`)

四=葬式、葬礼

五=雪隠、火事

という意味もあるらしく…

え?でも葬儀とか火事とか。とても縁起の良い言葉とは思いませんけど(`・ω・´)?

はいっ‼

そうなんです☆

これはですね、逆にこの夢を見たら、現実には起こらなくなる!という逆説の願いが込められてるそうですよ笑

人間ポジティブですねぇヾ(≧▽≦)ノ♪

昔の人がやっていた良い夢をみる方法とは…

枕の下に「宝船」の絵をいれて寝る

室町時代、枕の下に「宝船」の絵を入れて寝ていました。

そうすることで、良い夢を見ることができると言われていたそうですよ(・∀・)

「宝船」はご存知ですよね?

縁起物の1つで、七福神やお宝が乗っている船の事ですよ☆

--------------------------------------

悪夢をみた場合は絵を川に流す

宝船の絵を枕の下に入れていたのに悪い夢を見た;つД`)

と、いう方もいらっしゃるはず☆

絵を川に流すという風習もあったそうですよ。

縁起直しとして「悪夢」を「穢れ」に例えて水に流すことで、現実では悪いことが起きないとされていたそうです(∩´∀`)∩フゥ♪ポジティブ~

まぁ…普段から夢に出てくるようなものではないですよね(。-∀-)

鷹が茄子を加えて富士山の頂上に…なんて、そんなおかしな夢があったら面白いですけどね(^^♪

そして毛が無い方が煙草を吸い吸い、扇を仰ぐ(≧▽≦)

どんな夢でしょうね…笑

 

ともかく☆

みなさんが素敵な夢を見られる事をお祈り致しまーす(´∀`*)

arrow_upward