9:30~18:00
毎週水曜日
2020年11月22日
ブログ

2020年 二十四節気「小雪」11月22日(日)本日です☆(;´∀`)

二十四節気「小雪」。

色づいていた紅葉がチラリチラリ落ち始め、山々ではチラチラと雪が降り始めるという意味なんです(´▽`)

雪の量はさほど多くないから「小雪」と呼ばれてるらしいですよ♪

 

小雪は冬の入口☆

なので昼間はまだ大して冷え込みはしません!

時折、穏やかな日があったりすることもあります。

が、しかーし!!

朝晩は夕方の日暮れから一気に気温が下がりはじめます(`・ω・´)

寒暖の差が激しくなるので、体調を崩したりしないように気を付けてくださいね°˖..・。✧˖°

例年、11月22日頃が小雪にあたるんですってよ(・∀・)

そして今年も11月22日(日)が小雪です。

太陽の黄経が240度になる時にあたります。

次の二十四節気「大雪」12月7日頃の前日までが「小雪」でーす☆

二十四節気とは何ぞや( ・´ー・`)

二十四節気...

それは24人の戦士が...って、嘘です('◇')ゞスンマセン

立春、春分、夏至など、季節を表す言葉として用いられています。

1年が「春夏秋冬」の4つの季節に分かれてるでしょ。

更に、それぞれを6つに分けたもので、ほぼ15日間隔です☆

(・_・)ヘーシリマセンデシタ。

地球と太陽の位置関係で決められ(国立天文台が発表)、その年によって1日程度前後するんですって。

簡単に説明すると

夏至(昼間が一番長い)と、冬至(昼間が一番短い)で1年を半分こ(・∀・)

これを『二至』と呼びます。

さらに「春分」と「秋分」で4等分(昼と夜の長さが等しい)

これを『二分』と呼びます。

それぞれ中間に「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の『四立(しりゅう)』を入れて、合わせて『八節』☆

一節は45日なのでこれを15日ずつに3等分して『二十四節気』の完成☆

※さらに5日ずつに3等分し、時候を表したものが「七十二候」。

今日、22日の午前は日の差す所が多いみたいです。

でも、全国的に天気は下り坂まっしぐらなんですって  つД`)イヤー

北海道では雪に変わる所も多いとか。。。

昼間に日差しがあっても、折り畳みの傘があると安心かもしれないですね( ・´ー・`)フン

arrow_upward