9:30~18:00
毎週水曜日
2020年10月03日
ブログ

七草。春は食べるけど、秋は?

10月1日は中秋の名月、十五夜でしたね(´∀`*)

みなさん、突然ですが「春の七草、秋の七草」言えますか?

私は小さい頃に父親に叩き込まれました(。-∀-)全部言えないと、お風呂から出してもらえず。。。よくビービーと泣いてました(笑)

今は...もちろん、秋は言えません(・∀・)キッパリ

春の七草は言えますよ♪秋は...まぁ、無駄な涙を流したという事です(笑)

七草といえば「春の七草」で作る「七草粥」。

1月7日には無病息災を願い、正月料理に疲れた胃腸を休め、冬に不足しがちな青菜を補うためのお粥なんですよ。

秋は(゜_゜)?

何気に過ごして知らない方もいると思うので、M子が語ります♪

秋の七草でお粥を作りません!

語り終わっちゃいましたが、秋の七草は見て楽しむものです(・∀・)☆

《 秋の七草 》花言葉

-------------------------------------------------

■女郎花(おみなえし)

 《花言葉》優しさ、親切、美人、はかない恋、忍耐、約束を守る

-------------------------------------------------

■尾花(おばな・ススキのこと)

《花言葉》活力、心が通じる

-------------------------------------------------

■桔梗(ききょう)

《花言葉》清楚、気品、誠実、従順、永遠の愛

-------------------------------------------------

■撫子(なでしこ)

《花言葉》純愛、貞節、大胆、才能、いつも愛して

-------------------------------------------------

■藤袴(ふじばかま)

《花言葉》ためらい、やさしい思い出、あの日を思い出す

-------------------------------------------------

■葛

《花言葉》活力、治療、芯の強さ、恋のため息

-------------------------------------------------

■萩

《花言葉》思案、内気、柔軟な心

-------------------------------------------------

なんでこの7つの植物を秋の七草として、特別に扱うようになったのよ('_')?

それは万葉集で山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ2首の歌がもとになっているそうです。

「秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」

「萩の花 尾花(おばな=ススキ) 葛花(クズ) なでしこの花 女郎花(おみなえし) また藤袴(ふじばかま) 朝貌の花(=ききょう)」

この和歌から選ばれた花が“秋の七草”です。

愛でて秋を感じる目的で選ばれているもの、というわけです。

秋。

散歩がてら、咲いている様子を探してみてはいかが?食欲の秋だけでなく、風流の秋も素敵な時間を過ごせそうですよ( *´艸`)♡

arrow_upward